健康寿命は自分で延ばす ~誰でも出来る2つの習慣~

健康寿命は自分で延ばす   11月21日  虎ノ門

~誰でも出来る2つの習慣~

【人脈創りフォーラム】定年楽園生活を目指して

週末の達人 小石雄一

定年楽園生活とは、将来への不安をひとつひとつ解消する過程です。
ゲームはルールが多いほうが面白い。人生も同じです。一緒に難問に取り組みましょう。この勉強会は定年退職のための準備セミナーや定年退職者の知識欲を満たす場ではなく、世代や職種を超えたみんなの人脈作りの場として機能する勉強会にしたいと考えています。
是非、ご参加ください。


今回は、健康寿命は自分で延ばすです。厚生労働省公表の健康寿命を知っていますか? 男性は72歳です(平均寿命は81歳)。これをどう考えますか。

簡単に言うと、72歳で健康な生活は終わり、81歳で死ぬということです。

9年間寝たきりという訳ではありませんが、介護が必要な期間になるわけです。早めに対処することによって、9年間を少しでも圧縮しましょう。

重要なのは、健康寿命は自分でコントロール可能だということです。


健康寿命は自分で延ばす  11月21日(水) 19時~ 虎ノ門
~誰でも出来る2つの習慣~


健康寿命を延ばすことが人生を楽しむ第一歩です。そして、健康寿命を延ばす方法は、誰でも出来る健康管理習慣を身に着けるだけです。健康なんて関心無いという、大多数の皆様に耳を傾けて頂きたいと思って勉強会を企画しました。

■寿命はどんどん延びる

人生100年時代。何もしなくても、様々な要因で自動的に寿命が延びているとみんな思っています。あなたはどうでしょうか。確かに生きて居られる期間は延びたかもしれません。では、今のように健康で居られる健康寿命は幾つかご存じでしょうか。

平均寿命がどんなに延びても、自分の「健康寿命」が延びなければ、自由に行動することが出来ません。ざっくりですが、健康寿命の平均は、男性が72歳、女性が75歳です。男性の平均寿命は81歳、女性が87歳とすると、その差分の人生は人の世話が必要な要介護期間となり、認知症、寝たきりなどの終末を迎えることになります。

ここで問題は、健康寿命が意外と若いということです。60歳の男性なら、あと10年ちょっと、55歳の男性なら15年ちょっとが健康寿命ということになります。ま、計算上の平均値ですから、それよりも皆さんの健康寿命は長いでしょう。いや、逆に短いかもしれませんね。問題は健康寿命が来たからと言って、死ぬわけではありません。死ぬまでは、男性で9年、女性で12年もの期間が残っているのです。

この話をすると、ほとんどの人が驚かれます。

酒の席では多くの人がピンピンコロリ(PPK)だから大丈夫!とおっしゃいますが、10年前後のネンネンの後コロリ(NNK)となることだってあり得るわけです。というか多くの方がそうなっているのです。

■健康寿命は自分でコントロール可能

さて、人生100年時代の現実を分かっていただいた上で、わたしたちに出来ることは何かということですが、医者じゃありませんので、薬の開発は出来ません。寿命を延ばすのは、医療関係者にお願いしましょう。

わたしたちに出来るのは、健康寿命を延ばして、実質的に人生時間をより多くすることです。「PPK信者」の皆様も飲み屋でPPK、PPKと唱えていますがそれだけでは恐らく何も変わりません。

■健康管理習慣に目覚めよ

今回の講師、染谷抗加齢研究所所長の染谷光亨さんは、よい健康管理の習慣を身に付けて、実践するだけで、健康寿命は延ばせると仰います。

今回の勉強会では、健康管理習慣のうち、重要な「食事と運動」について、すぐにでも実践可能な項目に絞ってお話いただきたいと思っています。
健康管理は誰もが大切だと考えていると思います。しかし、具体的に行動している人が少ないのも事実です。

また、簡単な項目ほど、完璧を目指すとハードルが高いのも事実です。理想主義者になっても仕方ありません。染谷さんには私たちに実現可能な易しいものを教えて下さるようお願いしてあります。
■明日から実践できる

具体的には、今回の勉強会で得たヒントを家に持って帰り、すぐに実践できるようなスキルを学びたいと思います。※スキルとは技術です。技術は能力ではありません。繰り返すことによって誰でも身につきます。

ぜひ、問題意識を持って、ご参加ください。


講 師:染谷光亨(そめや てるゆき)氏
染谷抗加齢研究所所長。1946年東京浅草生まれ
1997年に染谷抗加齢研究所を設立。スマートエイジング・マイスター。
健康管理士。健康管理能力検定1級。東京都地域健康づくりリーダー。
葛飾区健康づくり推進員。血液型はA型。好きな言葉は「やればできる」

日 時:11月21日(水) 19時~21時
会 場:商工会館8階 千代田区霞が関3-4-2 虎ノ門(銀座線 徒歩5分)
電 話:090-2214-4367(小石携帯、当日のみ)
参加費:2000円
(連絡のため、まぐまぐ「週末の達人メルマガ」への登録は必須(無料))

2次会:3000円+税 程度で当日参加状況により決定します。

申し込み方法 ;メールで連絡をお願いします。
weekendmaster@nifty.com(小石)その時点で参加OKです。

★会場変更などはまぐまぐ(メルマガ)で連絡をいたします。
★ネットワークビジネス、パーティ商法など、営業目的での参加はできません。

 


週末の達人 小石雄一  ホームページ
http://weekend-master.com
連絡先  weekendmaster@nifty.com
フェイスブック  小石雄一


■今後の予定




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

イベントカレンダー

<< 9月 2022 >>
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
ページ上部へ戻る